SRKのブログ

長野県松本市を拠点に活動する自転車愛好家の集い【SRK】のブログです。

新ホイールシェイクダウン@美ヶ原

坂大好きN澤さんが美ヶ原に上るというので、私も連れられる形で上りつつ、
先週月曜日に納品された手組ホイールを早速シェイクダウンしてきました。


約80㎞ 1500mアップ程度ライド。
タイヤ、チューブ、スプロケはRS10のものをそのまま移植。


で、感じたところを羅列すると、

・漕いだ感じはヌルヌル。RS10に比べて掛かりは悪いかなぁ~…向かい風とか長く緩い坂はしんどそう。

・斜度5%以上になると急に楽。リム重量の差が効いてるかも。

ダウンヒル時のハンドリングはオーバーステア。RS10とは自転車を倒す量が変わるのので慣れが必要。

・同じくダウンヒル時、ブレーキは明らかに効きが悪くなった。リム幅が狭いのが関係してるのか、リム剛性の差なのか他の理由なのかは不明。ドライならいいけど、ウェットならRS10に戻したいと思うくらい。

・帰宅後初期振れが出たか見てみるが、特になし。
32Hのお陰か、三沢自転車さんの腕のお陰か、とにかく振れはそこまでナーバスにならなくても良さそう。

・段差等地面からの衝撃は明らかにまろやかに。




今のところのネガティブな面はブレーキングと、スポークの空気抵抗でしょうか。

空気抵抗については、そんな高速巡航できる脚でもないので使用前は気にしないでいたんですが、コースによっては体力削られそうです。

ブレーキもあくまで感覚上の話なので実際にウェット走ってみてからかなと思います。


上りは明らかに軽いのでいいですね。
美ヶ原のタイムも自己記録でした。(とはいえ、どちゃくそ遅いので数字は割愛します苦笑)


アップダウンのおおいコースにはハマるかなぁ。

逆に、それこそ今月走るR東京300神流川とかはRS10の方が楽かな~。


まぁスプロケとタイヤ付け替えるのも面倒くさいんでそのまま走りますけどね!


そんなわけで、手組ホイールのインプレでした。


とりあえずせっかく買ったものなので、ちゃんと愛せるだけ愛そうと思います。



では最後に、美ヶ原の下り途中に咲いてたツツジと愛車を。



f:id:srk0263:20180603134018j:plain



※─────────────────※
SRKでは随時メンバーを募集しています。
「たまには、誰かと走りたい。」
と思ってる方、是非一緒に走りましょう。
詳細はこちら↓
http://www.net-menber.com/look/data/40354.html
※─────────────────※